名古屋の"花知識"

ヘリコニア

065

ヘリコニアにもいろんな種類があって、黄色っぽいものやオレンジ色のもの、この写真のように赤いものなどが多いです。
いかにも南国のお花という雰囲気があって、夏の大きなアレンジには最適です。ヘリコニアの仲間は葉っぱもとてもきれいで、笹の葉をもっとしっかりさせたような感じの作り物の様なきれいな葉をしています。きれいなグリーンの葉っぱとともに使うと鮮やかな花の色がますます引き立ちます。プラスチック製の造花のような花ですが、意外と切り花としての寿命は短いです。気温の高い地域ではそうでもないのかもしれませんが、ここ名古屋では夏でも寿命が長い花ではありません。
ちなみにこの写真は、遠いところ(九州のどこかだったと思います)からショッピングセンターの壁面に使いたいと電話で問い合わせがありました。今頃は大きく引き伸ばされてどこかの壁に使われているのでしょうね。

関連記事

  1. なばなの里–黄色のルピナスが咲く庭
  2. アケビの一種「ムベ」
  3. アルストロメリア
  4. 鮮やかな青紫のアイリス
  5. 雑木林の足元にひっそりと咲くジエビネ
  6. ピンクの胡蝶蘭
  7. 名古屋市の花
  8. 木漏れ日のスポットライトに照らされたタンポポ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

赤とオレンジで作った情熱的な印象の花束

ピンクと紫のグラデーションで仕上げた花束

白とピンクのバラをギッシリと詰め込んだアレンジメント

広告
広告

花束・アレンジメント

花の名所情報