名古屋の花屋カームクームの花

白いチューリップとストックだけで作ったアレンジメント

044チューリップと言えば春のお花の代表で、イメージとしては子供が絵に描くような赤や黄色やピンクを思い浮かべる方が多いと思います。でもこんな白のチューリップもあります。そういえば童謡”チューリップ”の中では「あかしろきいろ」と歌われていますね。
白いチューリップはなかなか普通のアレンジメントには使いにくくて、白いバラと同じようにセレモニーなどで使われることが多いようです。結婚式のブーケやチャペルの装飾、あるいは葬儀場の装飾には白いお花が多く使われますので、春にはチューリップも使われます。ただ、チューリップは温度が上がるとパカッと満開になり、温度が下がると閉じる性質がありますので、ブーケの時には扱いがとても大変です。その対策として、開閉しないように花びらが重なった部分を生花用の接着剤で止めておくこともあります。
チューリップの難しさはまだあります。一日にセンチ単位で伸びますので、せっかく作り上げたデザインが時間とともに崩れやすいのです。おまけに、伸びるときは空に向かって伸びますので、すべてのチューリップがグインと上を向くことになります。

関連記事

  1. 鮮やかな黄色のバラをメインにしたアレンジメント
  2. バラ2種とサンキライの葉を使った初夏のアレンジメント
  3. 夏色の元気なブーケ
  4. 落ち着いたピンク・紫系のバスケットアレンジメント
  5. ピンクの一重咲きのストックが楽しいピンクのアレンジメント
  6. 白とオレンジの爽やかな印象のアレンジメント
  7. アンスリウムを使った赤とオレンジ色のアレンジメント
  8. 白の中に赤い千日紅をちりばめたブーケ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピンクの胡蝶蘭

初夏を思わせる爽やかな配色のアレンジメント

淡いピンクでまとめた春らしいフラワーアレンジメント

広告
広告

花束・アレンジメント

花の名所情報