名古屋の花屋カームクームの花

鮮やかな配色が目を引くビビッドなアレンジメント

75

美術館などへ行って絵画を見るとき、1つ1つの絵の”額”が違ったデザインのものを使ってあることがよくあります。額の選択がよくないと作品本来の良さが出て来ないし、相性がよければ作品の魅力をさらに引き上げることにもなります。

花の場合はどうでしょうか。花のリクエストが個性的なものだったときはそれに合わせた花器を使用しないとうまくいきません。逆に器にあわせて花をつくることもありますのでその点は絵画とは違うのですが、相性の問題はやはり同じです。花器に強烈な色や個性があったるするとお花もそれに合わせたものでないと釣り合いが取れず全体にはちぐはぐなものになってしまいがちです。

関連記事

  1. 落ち着いたピンク・紫系のバスケットアレンジメント
  2. ピンクの差し色がかわいい春のアレンジメント
  3. ピンクと紫のグラデーションで仕上げた花束
  4. 反対色を組み合わせた黄色と紫のビビッドな花束
  5. 白い花だけで作ったフラワーアレンジメント
  6. カラーの長い茎を残したまま束ねたスタイリッシュなブーケ
  7. アイボリーのアリアンナを使ったアレンジメント
  8. 赤と紫の情熱的な色彩のアレンジメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

鮮やかな青紫のアイリス

ピンクと紫のグラデーションで仕上げた花束

オレンジジュース色のフラワーアレンジメント

しっかりとした色のあるオレンジと赤を組み合わせたアレンジメントです。秋色や暖色などとも言えま…

広告
広告

花束・アレンジメント

花の名所情報