名古屋の花屋カームクームの花

2種類のチューリップを使った紫系の大人っぽいアレンジ

33

トルコキキョウにもいろんな種類がありますが、このうす紫色の八重咲きの品種はとてもきれいですね。ティッシュをくしゃくしゃにしたような柔らかい印象で、1輪1輪の大きさも存在感があって目を引きます。
「大きな紫のバラ、こんなバラあるんですね」と、バラに間違われたこともあります。こんなバラがもしあれば1輪で千円近くしそうです。そう考えれば高級花トルコキキョウがずいぶんお値打ちに思えてきます。

この品種のトルコキキョウは花びらがとても薄く傷つきやすいので、取り扱いには注意が必要です。運んだりするときはもちろんそうですが、製作の時に隣りの花(例えばこの写真のピンクのチューリップ)を挿すときにも傷をつけないように気をつけます。でも一番気を使うのは仕入れの時です。生産者(農地)からいろんな経路で運ばれ、市場でもいろんな人が関わりますので、市場に並んでいる時点ですでに傷が多いケースもあります。荷をほどいてみてビックリなんてことにならないように、よく見極めて仕入れをします。

関連記事

  1. ピンクと淡い紫のグラデーションで作った春の花束
  2. カラフルな色合わせのブーケ
  3. チューリップをたくさん使った春のフラワーアレンジメント
  4. 赤い花だけを集めた真っ赤なフラワーアレンジ
  5. 鮮やかな黄色のバラをメインにしたアレンジメント
  6. 春の花をたくさん使ったアレンジメント
  7. カップのような花器に春を盛ったアレンジメント
  8. オレンジ色の花を集めたフラワーアレンジメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

鮮やかな配色が目を引くビビッドなアレンジメント

美術館などへ行って絵画を見るとき、1つ1つの絵の”額”が違ったデザインのものを使ってあること…

ピンクと紫のグラデーションで仕上げた花束

ピンクとオレンジの若々しい配色のアレンジメント

私の色合わせのパターンとしては同系色や反対色で花を組み合わせることが多いのですが、そのライン…

広告
広告

花束・アレンジメント

花の名所情報