名古屋の花屋カームクームの花

2種類のチューリップを使った紫系の大人っぽいアレンジ

33

トルコキキョウにもいろんな種類がありますが、このうす紫色の八重咲きの品種はとてもきれいですね。ティッシュをくしゃくしゃにしたような柔らかい印象で、1輪1輪の大きさも存在感があって目を引きます。
「大きな紫のバラ、こんなバラあるんですね」と、バラに間違われたこともあります。こんなバラがもしあれば1輪で千円近くしそうです。そう考えれば高級花トルコキキョウがずいぶんお値打ちに思えてきます。

この品種のトルコキキョウは花びらがとても薄く傷つきやすいので、取り扱いには注意が必要です。運んだりするときはもちろんそうですが、製作の時に隣りの花(例えばこの写真のピンクのチューリップ)を挿すときにも傷をつけないように気をつけます。でも一番気を使うのは仕入れの時です。生産者(農地)からいろんな経路で運ばれ、市場でもいろんな人が関わりますので、市場に並んでいる時点ですでに傷が多いケースもあります。荷をほどいてみてビックリなんてことにならないように、よく見極めて仕入れをします。

関連記事

  1. 白とピンクのバラをギッシリと詰め込んだアレンジメント
  2. 夏色の元気なブーケ
  3. 松と千両を使ったお正月用のカジュアルなアレンジメント
  4. 薄紫の差し色がきれいなオレンジ系のアレンジメント
  5. チューリップとスイートピーを使った春らしいアレンジメント
  6. オレンジジュース色のフラワーアレンジメント
  7. アンスリウムを使った赤とオレンジ色のアレンジメント
  8. ピンクのグラデーションで作った花束

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

アイボリーのアリアンナを使ったアレンジメント

使用したバラは”アリアンナ”です。とても甘いスイーツのような香りがあって目で見る以上に楽しみ…

初夏を思わせる爽やかな配色のアレンジメント

ピンクの濃淡でまとめた春らしい花かご

広告
広告

花束・アレンジメント

花の名所情報